盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

その他コラム

盗撮への対策と防止策

更新日:

盗撮被害に遭わないようにするには?

女性が盗撮被害に遭わないようにする、または被害に遭ってしまってもそれを最小限に抑えるためにできることにはどういったものがあるでしょうか。その方法に触れてまいります。

なお、盗撮といっても様々なものがありますが、今回はスカート内にカメラを差し向けて撮影するいわゆる逆さ撮りに焦点を当ててまいります。

盗撮に用いられるカメラの種類

まずはどういったカメラが実際に盗撮に用いられるか見てまいりますと、第一に定番のスマホから鞄や靴に小型カメラやピンホールレンズを装着したビデオカメラなどを仕込むものが挙げられます。

これら以外にもペン型、時計型、メガネ型、リモコンキー型など一見するとカメラには見えないようなものも多数販売されており、専用の無線機器やWi-Fiでワイヤレス操作できるカメラも珍しくはありません。

正直言ってこれらのような盗撮に用いられるカメラをすべて把握しておくなんてことは困難ですし、「もしかすると盗撮カメラかもしれない」と常に警戒しながら過ごしていてはまともな生活が送れません。

上述のような種類のカメラもあるということだけ頭の隅に入れていただき、その上で盗撮被害の可能性を前提とした対策や防止策に触れてまいります。

ズボンやスラックスを履く

シンプルですが、スカート内にカメラを差し向ける逆さ撮りの被害にはまず遭わなくなります。盗撮する人は駅構内や商業施設内などで歩き回りながらターゲットの女性を物色しますが、ズボンであればまずターゲットにされることがほとんどなくなるでしょう。

ズボンやスラックスの上から撮影して下着のラインなどを狙う人も確かにいますが、そういったマイナーな性嗜好の可能性を検討し始めると「うなじに興奮する」とか「握った拳に興奮する」とかのようなマニアックな嗜好でも密かに隠し撮りされる可能性はあるのでキリがなくなります。

それでズボンやスラックスを避けて被害に遭ってしまっては本末転倒ですし、盗撮する人の望むのところですので、ズボンやスラックスの選択肢が採れる人はぜひ履くべきだと思います。

スカートの下に短パンやスパッツなどを履く

一方で、制服などによってスカートが指定されている場合もあるでしょう。また、「盗撮する人のためにファッションが限定されるのはありえない」という人もいると思います。そういった場合には対策としては定番ですが、スカートの下に(下着の上に)短パンやスパッツなどを履くことを検討してください。

ただし、ペチパンツなどをスカートから少し出すようなケースを除いてはこの対策を行っていることがスカートの上からではわからないため、スカート内にカメラを差し向けられる可能性を排除することはできません。「とりあえず撮ってみる」というような盗撮被害を完全には避けられないので、どちらかというと被害を抑えるという方法になります。

しかし、下着を直接撮影されることは防ぐことができます。また、最近ではカメラとスマホをWi-FiやBluetoothで接続してカメラの映像をスマホ画面でリアルタイムにモニタリングできるものも珍しくありませんので、このようにしてモニタリングしている人は短パンやスパッツなどを中に履いていることがわかった時点で盗撮を止める場合もあります。

なお、この場合は黒が一番良いですが、なるべく暗めの色のものを履くのが良いでしょう。上述のようにモニタリングはできてもスマホの小さな画面で見ていますので、白や淡色のものでは下着と勘違いされて盗撮される時間が長くなり、被害が大きくなる恐れがあります。

ストッキングやタイツ、レギンスを履く

上述の短パンやスパッツと近いですが、これらはパッと見でわかるので対策としての効果は大きいです。この場合もなるべく厚めで、暗めの色のものほど盗撮する人は撮ろうという気が失せます。

ストッキングについてはもともと脚がキレイに見えるもので、ストッキングの上から下着を盗撮するフェチも確かに存在しますが上述のズボンと同様にやはりマイナーな嗜好なので、盗撮全体の数を減らす効果はあると言えます。

これらも個人のファッションで選択肢としてありえるかどうか分かれますが、どちらでも良いのであれば対策としての効果は確実にありますのでぜひ履いた方が良いと思います。

階移動はエレベーターで、エスカレーターに乗るときは横向きに

エスカレーターは盗撮被害に遭う可能性が非常に高い場所なので、商業施設などで階を移動する場合はなるべくエレベーターを使いましょう。エレベーター内は盗撮しようという人がいても他に乗っている人がいることが多々あり、防犯カメラが設置されている場合もあります。壁を背にして立てば背後から盗撮されることはなくなるでしょう。

1階2階上がる程度であればエスカレーターを使ってしまうこともあるでしょうが、その場合は手すりを背にして横向きに乗れば背後からの盗撮を防ぐことができます。90度横向きでなくとも多少角度が付けて立つだけでも違ってきます。

もっとも、エレベーターやエスカレーターに乗る際にこれらを意識できているのであれば十分警戒できているということなので盗撮の可能性にも気づくことができるでしょう。

問題は、常に気を立てて生活するのも疲れますので盗撮に対して注意していてもふとした瞬間に忘れてしまうことです。盗撮する人はいつ狙ってくるか把握できませんので常に注意しろと言いたいところですが、エスカレーターに角度を付けて乗るくらいは意識せずに行うように癖を付けていってもらえればと思います。

また、男性においては、一緒にいる女性がスカートのときにエスカレーターに乗る際は女性に先に進んでもらって自分は後方の壁になるくらいの配慮は必要です。

まとめ

盗撮する人はいつスカートの中を狙ってくるかわかりません。その一方で常に警戒心をむき出しにして過ごすことも(それができれば良いですが)現実としては難しいものです。ズボンやレギンスなど、できるだけ見た目でわかる対策を行い、事情によってそれが難しい場合でもスカートの下に何か履くなどして被害を抑えることが重要です。

ピックアップ記事

盗撮の後日逮捕の可能性 1

盗撮で後日逮捕されることはあるのか? 「盗撮は現行犯以外では逮捕されない」といったようなことを目にすることがありますが、少数派ではあるものの現行犯以外でも逮捕されているケースはあります。ただ、盗撮事件 ...

スマホで盗撮するのはなぜ危険なのか 2

スマホ盗撮はなぜ危ないと言えるか 先の記事では盗撮においてなぜスマホが多く使われるのかといった点について触れたので、今回はどういったところに危険性があると言えるのかについて見てまいります。 なお、先の ...

後日逮捕の要因あれこれ 3

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが… こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと ...

盗撮動画の販売からの後日逮捕 4

販売サイト界隈に衝撃が走る 約1年前になりますが、女子高生のスカート内を盗撮した動画を販売していたとして、それに係る盗撮を行ったことで逮捕されたという報道があり、販売サイト界隈、特に販売者の間で衝撃が ...

スマホによるスカート内盗撮 5

もはや盗撮の定番ツール スマホが普及してすでに久しく、以前まで主流だった折りたたみ式などの携帯電話は最近では珍しいものとなりました。過去の携帯電話にもカメラは付いていたので当時から携帯電話を用いた盗撮 ...

-その他コラム

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2017 All Rights Reserved.