盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

ニュース考察

先週の盗撮事件ニュース(1月30日~2月5日)

更新日:

先週報道された盗撮に関するニュースに触れてまいります。

神奈川県警の巡査部長を逮捕 盗撮の疑い

神奈川県警の巡査部長が、同僚との旅行で滞在していた福岡市で、女性のスカートの中をスマートフォンのカメラで盗撮しようとしたとして、福岡県の迷惑行為防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、神奈川県警大和警察署の生活安全第一課防犯少年係の巡査部長(36)です。

警察の調べによりますと、巡査部長は、31日午前4時半ごろ、福岡市博多区中洲の商業施設にある24時間営業のディスカウントストアで、商品を見ていた女性客のスカートの中を背後からスマートフォンのカメラで盗撮しようとしたとして、福岡県の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。

女性が気付いて助けを求め、近くにいた店員がその場で取り押さえました。

警察によりますと、調べに対し容疑を認めているということです。

巡査部長は、休暇を取ってほかの署員14人と一緒に旅行のため滞在していて、逮捕された当時は1人で行動していたということです。

警察が詳しいいきさつを調べています。
引用元 : NHK 2017年1月31日 11時55分配信
※被疑者の氏名部分を修正しております。

神奈川県警の警察官が県警本部での研修帰りに盗撮、という事件を前回の記事で取り上げていたのでパッと見同じ事件のことかと思いましたが、別の事件でした。盗撮に限らず警察官による犯罪のニュースが珍しくなくなったとはいえ、神奈川県警の警察官による盗撮事件がこう続くとさすがに目を引きます。

しかも今回は他県への旅行中に盗撮に及んでいますので、前回の事件でも今回の事件でもコメントを出している県警本部の監察官室長は頭が痛いのではなかろうかと思います。この事件の被疑者は少年関係の係のようなのでシマは別でしょうが、生活安全課なら同じ部屋の中に盗撮で捕まった人が連行されてくるところも見ているのではないでしょうか。

検察庁や裁判所の職員による盗撮事件もありますので、もし捕まった自分もああなるという体験はあまり歯止めにならない場合もあるということがわかります。

78歳男 女子高生を盗撮容疑

30日午後、兵庫県姫路市にあるショッピングモールで、78歳の男が女子高校生の太ももを盗撮した疑いで逮捕されました。

迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、兵庫県姫路市に住む78歳の容疑者です。

容疑者(78)は30日午後2時半ごろ、姫路市のショッピングモール・テラッソ姫路で、ベンチに座って待ち合わせをしていた高校3年の女子生徒(18)の太ももなどをスマートフォンで盗撮した疑いがもたれています。

警察によると、女子高校生が座っていたベンチの横にあるエスカレーターを何度も往復する容疑者を不審に思っていたところ、容疑者から直接、「ええもんみせてもろた」と言われ、盗撮に気付いたという事です。

調べに対し、容疑者は「足を盗撮したことに間違いありません」と容疑を認めています。
引用元 : 関西テレビ 2017年1月31日 12時23分配信
※被疑者の氏名部分を修正しております。

見出しにもなっているように「78歳」という部分がやはり目に留まります。スマホを利用していることを見ても若さが感じられ、超高齢社会を迎える日本ではこの年齢でもまだまだ元気ということでしょうか。

「ええもんみせてもろた」と直接言われたことで被害者の女子高生は盗撮に気づいたとのことですが、余計なことを言わなければ不審に思われただけで済んだとも思われるところ、スカート内などではなく太ももまでならセーフなどといった勘違いがあったかもしれません。

兵庫県 迷惑防止条例 第3条の2

何人も、公共の場所又は公共の乗物において、次に掲げる行為をしてはならない。
  1. 人に対する、不安を覚えさせるような卑わいな言動
  2. 正当な理由がないのに、人の通常衣服で隠されている身体又は下着を撮影する目的で写真機、ビデオカメラその他これらに類する機器(以下「写真機等」という。)を設置する行為

この事件の現場も前回の記事で取り上げている兵庫県なので同じ条例ですが、1号と2号いずれが適当されているのかちょっとハッキリしません。太ももを含めた身体や顔などの撮影までに留まっているのであれば2号ではなさそうに思われますので、直接声を掛けていることからも1号の適用で逮捕されたのかもしれません。

<盗撮>チアリーダーのスカート内撮影 会社員書類送検

野球場のスタンドでチアリーダーを盗撮したとして、京都府警生活安全対策課などは2日、大阪府茨木市の男性会社員(50)を京都府迷惑行為等防止条例違反容疑で書類送検した。「チアリーダーに性的興味があった」と容疑を認めているという。

送検容疑は昨年10月21日、京都市のわかさスタジアム京都であった関西学生野球秋季リーグの試合中、観客席で応援していた10代の女子学生の前列に座り、スーツの上着でビデオカメラを隠しながらスカート内を動画撮影したとしている。

生活安全対策課によると、昨年4月に女子学生の所属するチアリーダー部が「盗撮する人がいる」と右京署に相談。スタンドで署員らが警戒中、男性の行為を確認したという。男性は「2、3年前からチアリーダーの盗撮を始めた。関東にも足を運んでいた」と供述しているという。

インターネットの動画サイトには、チアリーダーの下半身などを至近距離で撮影した動画が出回り、「盗撮マニア」が撮影対象にしているという。男性はチアリーダーを映した約100の動画をカメラに保存していた。
引用元 : 毎日新聞 2017年2月3日 9時6分配信

チアリーダーのユニフォームはスコートの丈が非常に短いものが多いですが、その下には通常アンダースコート等を着用しており、盗撮しても直接下着が撮影できることはほぼありません。それでもチアリーダー(特に下半身)を盗撮した映像には愛好家の根強い需要があり、通称「黄チア」などと呼ばれる映像をはじめとしてネット上には多くのチアリーダー盗撮動画がアップされています。

女子高生や女子大生が部活として行っているものなどに人気がありますが、ユニフォームに学校名が記載されていたり運動部の応援に来ていることが多いので、最近ではそうした情報から被写体の女性のSNSアカウント等を探し当てるといったことも行われています。

この記事では「盗撮マニアが撮影対象にしている」としか言及されていませんが、ネット上への公開や販売においても詳しく調べた方が良いと感じます。もし公開されたり販売されたりしていたらSNSの特定等の二次被害も免れないことになるかもしれません。

それにしてもスーツの上着でビデオカメラを隠しながら盗撮というのは相当雑に感じられます。この事件ではチアリーダーの学生らが気づいて事前に警察へ相談していますが、観客席にいる全員が全員試合と応援に集中しているなんてことはありませんのでこうした盗撮に気づく人は少なからずいるだろうと思ってしまいます。

ピックアップ記事

盗撮の後日逮捕の可能性 1

盗撮で後日逮捕されることはあるのか? 「盗撮は現行犯以外では逮捕されない」といったようなことを目にすることがありますが、少数派ではあるものの現行犯以外でも逮捕されているケースはあります。ただ、盗撮事件 ...

スマホで盗撮するのはなぜ危険なのか 2

スマホ盗撮はなぜ危ないと言えるか 先の記事では盗撮においてなぜスマホが多く使われるのかといった点について触れたので、今回はどういったところに危険性があると言えるのかについて見てまいります。 なお、先の ...

後日逮捕の要因あれこれ 3

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが… こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと ...

盗撮動画の販売からの後日逮捕 4

販売サイト界隈に衝撃が走る 約1年前になりますが、女子高生のスカート内を盗撮した動画を販売していたとして、それに係る盗撮を行ったことで逮捕されたという報道があり、販売サイト界隈、特に販売者の間で衝撃が ...

スマホによるスカート内盗撮 5

もはや盗撮の定番ツール スマホが普及してすでに久しく、以前まで主流だった折りたたみ式などの携帯電話は最近では珍しいものとなりました。過去の携帯電話にもカメラは付いていたので当時から携帯電話を用いた盗撮 ...

-ニュース考察

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2017 All Rights Reserved.