盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

ニュース考察

先週の盗撮事件ニュース(3月27日~4月2日)

更新日:

先週報道された盗撮に関するニュースに触れてまいります。

東京ディズニーランドは盗撮の聖地? ネットに溢れる画像…

家族連れからカップル、女子高生たちまで多くの人が集まる人気スポット、東京ディズニーランド。同園ではいま、盗撮の危険性が叫ばれている。

すでに被害は起きており、誰でも被害者になる可能性がある。

(中略)

現在シンデレラ城前は、SNSにアップする写真を撮影するスポットとして女性たちに人気だ。

上の写真はシンデレラ城前の光景だ。女性たちの多くが、地面に座り込んだり寝そべったりしていることがわかる。現在、こうして座り込み、寝そべって写真を撮影することが女子高生など学生を中心に流行している。

女性たちの多くはスカートをはいているが、座り込んだり、寝そべったりすることによって下着が見えてしまう危険性がある。SNS上では盗撮犯に狙われる可能性があると警告する声は少なくない。

(中略)

盗撮の恐れは残念ながら現実のものとなっている。

SNS上では被害に遭ったとの声も上がっており、BuzzFeed Japanでも、実際に東京ディズニーランドと思われる場所で撮られた盗撮写真をネット上で確認した。

盗撮写真のほとんどは女性の下着だけではなく、顔が判別できるようになっている。中には制服を着た女性の下着が写っている動画を販売している上のようなサイトまで存在した。

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド社は取材に対して「(盗撮が)SNS上で話題になっていることは把握しています」と話す。

対応に関しては「東京ディズニーリゾートでは、他のゲストの方にご迷惑になるような行為はキャストがお声かけします。ゲストから申告があった場合は、警察に連絡するようサポートしております」とした。盗撮被害そのものの有無に関しては回答を控えた。
引用元 : BuzzFeed News 2017年3月28日 7時1分配信

これまでに事件が大きく報道等されたわけではありませんが、SNSで話題に上ったことに端を発して一部メディアが食い付いた記事のようです。しかし、正直なところ今さら感を覚えてしまいます。

制服ディズニーが流行ってすでに久しく、あのノリで制服(学生服)を着用して遊びに行く女性らは比較的スカートの丈を短くしています。そうした制服姿の女性がよく訪れるとわかっていれば盗撮する側にとっては効率の良い場所と捉える人もいるでしょう。

この記事ではシンデレラ城前のスポットにフォーカスしていますが、もともとが楽しさや興奮等で周囲への注意や警戒が疎かになりやすい場所ですし盗撮しやすいエリアは他にもあるでしょう。

それ以前に東京ディズニーリゾートという場所ありきでそれにこだわって盗撮している人はほとんどおらず、スカートが短い女子高生を効率的に盗撮できるという点で集まってきているのではないでしょうか。そういった女性が多く集まる場所は期間限定のイベントなども含めれば他にもありますので、東京ディズニーリゾートがダメとなれば他に移るだけでしょう。

東京ディズニーリゾートに限って注意を促す意味はあるかもしれませんが、単にココが危ないと言っているだけで盗撮による被害全体で見ると影響は小さいのではと感じます。世間的には東京ディズニーリゾート+盗撮という組み合わせが新鮮かつ意外でそれなりに食い付きが良かったのかもしれません。

「盗撮する気や」狙われるチアリーダー 居眠り装う男…捜査員はカメラの「赤いランプ」を見逃さなかった

学生の街であり、観光地でもある京都。女性が大勢集まることから「盗撮スポット」と化している場所もあり、卑劣な盗撮犯があの手この手で女性のスカート内を狙っている。だが、まんまと逃げおおせるわけがない。大学野球の試合で盗撮したとして大阪府茨木市の会社員の男(50)が書類送検された事件では、京都府警は立件が難しい「チアリーダーの盗撮」にこぎつけた。屈指の観光地・嵐山周辺では約1カ月間の集中取り締まりを実施し、4人を摘発。担当者は「まだ氷山の一角。これからも摘発を進める」と手を緩めない。

昨年10月21日、金曜日の昼下がり。京都市右京区の野球場「わかさスタジアム京都」では、大学野球の関西学生リーグの試合が開催されていた。スタジアム全体が観客の声援に包まれる中、京都府警の捜査員はスタンドで不審な男を発見した。

男は、荷物を持って何かを物色するようにスタンドをうろつき、前の方の席に腰を下ろした。男の後方には大学の応援団がいて、チアリーダーたちが華やかさを演出していた。

やがて男は、目の前の試合をよそに腕を組み、居眠りをし始めた-。周囲の観客には、そう見えたに違いない。だが、捜査員の目はごまかせなかった。

「おかしい、盗撮する気や!」

男が脇の下にしのばせた小型ビデオカメラの「録画中」を示す赤いランプを、捜査員は見逃さなかった。そのカメラのレンズは、後方で応援していた大学2年のチアリーダーの女子学生(19)の下半身を狙っていたのだ。

「ちょっと、話を聞かせてほしい」。捜査員らが男に職務質問すると、「すみません」と男は素直に罪を認めた。

「2~3年前にチアリーダーの盗撮ビデオを買って見て以来、やみつきになった」。府警の調べに対し、男はこう供述した。

普段、仕事では営業担当をしているといい、主に外回りの最中に野球場などに足を運び、チアリーダーばかりを狙って盗撮していた。「近畿各地だけでなく、関東でも盗撮をした」とも話したという。

男のカメラからは、チアリーダーの尻や太ももばかりが写った動画ファイルが100個以上も発見された。理由は「妻子がいるので自宅のパソコンには保存せず、鑑賞用にカメラに保存していた」からだった。

そもそも捜査の発端は、昨年4月上旬にさかのぼる。大学の応援団長とチアリーダーが府警右京署を訪れ、「チアリーダーに対する盗撮を取り締まってほしい」と要請したのだ。

その前日、同じわかさスタジアム京都でチアリーダーが被害に遭っていたといい、同署を訪れた学生らは「(チアリーダーの)スカートは短いが、華やかに応援するためのもので盗撮されるために着用しているわけではない。取り締まってほしい」と切々と訴えたとされる。

この要請を受けて府警は、同スタジアムでの警戒を強化していた。

だが、チアリーダーにカメラを向けているからといって盗撮しているとは即断できない。応援風景を撮影していただけだと強弁されかねない。

これに対し、府警は今回、男の撮影方法などの状況に加え、男の撮影した映像を丁寧に分析。明らかにわいせつ目的で撮影していたと断定し、立件に踏み切った。

男は京都府迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検され、今年2月、罰金30万円の略式命令を受けた。
引用元 : 産経新聞 2017年3月30日 5時30分配信

こちらも新しい事件の記事ではなく、以前取り上げている過去の事件の経緯を深掘りしたもののようです。警察24時系の番組と同じように、被疑者を逮捕して事実関係を明らかにした後ならどうとでも言えますので改めて記事にしちゃって何だかなぁ…と感じます。

捜査員の目はごまかせなかった、というのがもう警察24時的ですが、犯行に使われていたビデオカメラの赤いランプなどは取り調べでカメラを見てからわかったことでも後付けできるでしょう。昨年4月にチアリーダーらから取り締まりを要請されて警戒を強化していたと言っておきながら10月までの約半年間は何もできていなかったようにも見えてしまいます。

「男の撮影方法などの状況に加え、男の撮影した映像を丁寧に分析」ともあるものの、チアリーダーを盗撮した同様の事例で、普通にカメラを構える方法により当日撮影された映像のみで立件されている事件も多数あります。殊更強調するほど立件が困難な事例ではありません。

記事で触れられているように目端が利くのであれば日常にこそ広く蔓延している盗撮は根こそぎ検挙できるのではないでしょうか。

15分で4人に痴漢・盗撮…消防士長「何らかの欲望が」

約15分間で女性4人に痴漢や盗撮をしたとして、東京消防庁は31日、石神井消防署の男性消防士長(28)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。消防士長は同日付で依願退職した。

発表によると、消防士長は2月4日午後4時50分ごろ、埼玉県川越市のJR川越駅西口近くの路上で女性(29)の下半身を触った後、近くにいた別の女性(15)のスカートの中をスマートフォンで撮影。約5分後には路上で女性(25)に後ろから抱きついて体を触った。午後5時5分ごろ、駅ビル内で下半身を触られた女性(36)が、110番通報。駆けつけた埼玉県警の警察官に県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕された。

内部調査に「友人の結婚式で酒を飲んだ後だった。記憶がないが、何らかの欲望から行為に及んでしまったのだと思う」と話しているという。消防士長は現行犯逮捕された駅ビルでの事件以外の3件でも再逮捕されるなどしたが、今月7日に処分保留で釈放された。4件のうち2件で示談が成立したという。
引用元 : 朝日新聞 2017年3月31日 12時13分配信

「何らかの欲望」が見出しにもされて強調されてしまっています。性欲以外に何かあるのでしょうか。

4件立て続けに盗撮というなら珍しくはないですが、15分で盗撮と痴漢を4件行うというのはなかなか見聞きしません。痴漢といっても電車内でこっそり触ったという類のものではなく路上などでガバっといったタイプのようですので、迷惑防止条例違反ではなく強制わいせつとなっていた可能性もあります。

この事件のような盗撮や痴漢を含めた性犯罪の刑事司法の場では、酒を飲んで酔っ払っていたというのはまったく斟酌されません。要するに言い訳としては言うだけ無駄なのですが、事件の経緯などを供述する上で触れることになるのでこうして発表される際に取り上げられてしまうことも多々あります。

「酒に酔っていて覚えていない(から仕方ない)」とするような意識が報道する側においても深層に根強く残っているのではとも感じてしまいますが、場合によっては言い訳として成立する(仕方ないという同情を引ける)と思い違いをしている人もまだいると思いますので、飲酒運転のようにむしろ状況が悪化する要因というほどまでに啓蒙していった方が良いのではないでしょうか。

ピックアップ記事

盗撮の後日逮捕の可能性 1

盗撮で後日逮捕されることはあるのか? 「盗撮は現行犯以外では逮捕されない」といったようなことを目にすることがありますが、少数派ではあるものの現行犯以外でも逮捕されているケースはあります。ただ、盗撮事件 ...

スマホで盗撮するのはなぜ危険なのか 2

スマホ盗撮はなぜ危ないと言えるか 先の記事では盗撮においてなぜスマホが多く使われるのかといった点について触れたので、今回はどういったところに危険性があると言えるのかについて見てまいります。 なお、先の ...

後日逮捕の要因あれこれ 3

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが… こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと ...

盗撮動画の販売からの後日逮捕 4

販売サイト界隈に衝撃が走る 約1年前になりますが、女子高生のスカート内を盗撮した動画を販売していたとして、それに係る盗撮を行ったことで逮捕されたという報道があり、販売サイト界隈、特に販売者の間で衝撃が ...

スマホによるスカート内盗撮 5

もはや盗撮の定番ツール スマホが普及してすでに久しく、以前まで主流だった折りたたみ式などの携帯電話は最近では珍しいものとなりました。過去の携帯電話にもカメラは付いていたので当時から携帯電話を用いた盗撮 ...

-ニュース考察

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2017 All Rights Reserved.