盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

ニュース考察

先週の盗撮事件ニュース(8月20日~8月26日)

更新日:

先週報道された盗撮に関するニュースに触れてまいります。

<愛知県警>スマホで盗撮容疑 仙台の国立大助教逮捕

◇県迷惑防止条例違反容疑 「女性の後ろ姿がきれいで…」供述

愛知県警中署は21日、仙台市太白区の国立大助教(37)を県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕した。

容疑は、20日午後10時15分ごろ、名古屋市営地下鉄金山駅のエスカレーターで21歳の女性に背後から近づき、スマートフォンをスカートの中に入れて盗撮したとしている。同署によると、通行人の男性が取り押さえた。

容疑者は出張で名古屋市を訪れていた。「盗撮したことは真実。女性の後ろ姿がきれいで下着を盗撮したくなってしまった」と容疑を認めている。
引用元 : 毎日新聞 2018年8月21日 11時41分配信
※被疑者の氏名部分を修正しております。

スマホ+エスカレーターという定番の稚拙な手口による盗撮事件は残念なばかりですが、国立大助教にもなってもう少しマシな方法でやろうとは考えられなかったのでしょうか。

名古屋には出張で来ていたとのことで出張先での逮捕となっています。普段仙台で同様の手口による盗撮をしていても捕まっていなかったところが名古屋では通用せず、目敏く発見した通行人に現行犯逮捕されたということなのかもしれません。

なお、「女性の後ろ姿がきれいだったから」という一見すると違和感のある言い訳については突っ込まれていることが他のニュース記事で触れられています。

「後ろ姿とパンツは関係ない」などの指摘も

なお、男は警察の取り調べに対し、「女性の後ろ姿がキレイだったので、盗撮したくなってしまった」と話しているそうだ。

(中略)

一方で、「後ろ姿とパンツは関係ない」と、もっともな(?)指摘をする人の姿も。

・後ろ姿が綺麗でもパンツが綺麗とは限らないだろうな
・後ろ姿とスカートの中は関係ないと思う
・前半と後半が繋がってない
・キレイでもパンツがアレな女性もいるだろうに(いや、それはそれで嬉しいのか)
引用元 : しらべぇ 2018年8月21日 15時30分配信

記事にある通り、一般的な目線としては後ろ姿と下着は関係ないと見られますのでもっともな指摘ではありますが、これはおそらく取り調べの中で「なぜその女性(被害者)を狙ったのか」という尋問への回答が切り取られたものではないかと思います。

こうした事件の取り調べでは、「盗撮のターゲットとなり得る女性は他にも多くいるところ、なぜその女性だったのか、容姿が好みだったのか、スカートが短かったのか」などとして被害者をターゲットにした理由、被疑者の犯行動機が深掘りされます。

一般論としては被害者の容姿が好みだった、スカートが短かった、そうした中で盗撮しやすい状況が整っていた、といった理由を述べられた方がしっくり来るところですが、被疑者としては性犯罪にありがちな理由や動機をストレートに供述すると印象が悪くなると考えて避けたいと思う場合もあるものです。

わざわざ捕まる可能性のある盗撮にまで及ぶくらいなので大抵は性欲に根差した動機がありますが、「後ろ姿がきれいだった」というのは性欲丸出しの動機を何となく覆い隠せます。しかし、真の動機ではないと思われますので人によっては違和感を覚える供述になります。

通常は盗撮の動機がどうであっても処分や判決に影響することはあまり無いので、何となく話の筋ができているこの供述を、取り調べを行う刑事が虚偽と見てさらに追及することも無いでしょう。このような事情も窺えそうな供述となっています。

国立大助教という立場が影響しているのか、事件としては平凡な割にネット上のニュース記事が割と多く見られましたが、大した内容の事件ではないと思われますので良くすれば不起訴、悪くてもせいぜい30万円程度の罰金で済むのではないでしょうか。

女児の着替え盗撮疑い 小学校教諭を逮捕、大阪府警

大阪府警泉佐野署は、勤務校で着替え中の女児の動画を盗撮するなどしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、公立小学校教諭(44)を逮捕、送検した。この教諭は「性的欲求を満たすためだった」と容疑を認めている。

逮捕、送検容疑は6月下旬から7月上旬にかけて、大阪府内の小学校の教室で、事前にこの教諭が設置したカメラで着替え中の女児の動画を撮影するなどした疑い。

児童ポルノを購入したという情報提供から署が捜査していた。
引用元 : 産経新聞 2018年8月24日 17時33分配信

被疑者が児童ポルノを購入したという情報提供を受けて捜査していたところ、実は盗撮による児童ポルノの製造にも及んでいたという経緯のようです。なお、この報道の時点で被疑者は既に起訴されていたようですが、そちらはおそらく購入した件によるものと思われます。

購入、製造と来ると販売もしていたのではないかと疑われますが、他の報道では今回の製造の件で逮捕、追送検して捜査を終えたともされていますので、児童ポルノの販売を含めてこれ以上調べることは無いと判断されているようです。

児童ポルノの購入に関する捜査に際して押収したPC等から教え子の着替えを盗撮した動画が出てきて発覚、といったところでしょうか。その手前にある児童ポルノ購入の情報提供も誰からどんな内容の情報が寄せられたのか気になるところですが、実際に捜査に着手しているからには匿名での与太話の類ではなくそれなりに具体的な情報だったと見られます。

教員による学校内での盗撮事件ではこの事件のように仕掛けたカメラが見つけられて発覚することが目立っていますが、今回の事件では別件の捜査の中で初めて発覚したように見受けられますので盗撮においてはそれなりにうまくカメラを隠せていたのかもしれません。

あるいは、まだそれほど多く学校内での盗撮を繰り返しておらず単に発覚していなかっただけでしょうか。

これまで児童ポルノの所持のみでは逮捕に至らず書類送検に留まっていたところ購入の方で既に起訴されているのは、製造の方で再逮捕し起訴することが前提になっていたためかもしれません。公判請求されているとなると罰金で済まされることは考えにくく、執行猶予は付くでしょうが1年程度の懲役といった判決は出るのではないでしょうか。

スカート内盗撮、容疑の32歳男を逮捕 館林

館林署は23日、県迷惑防止条例違反の疑いで、太田市藤阿久町の会社員(32)を現行犯逮捕した。調べに対し、「スカートの中が撮りたかった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は同日午後4時ごろ、館林市内のパチンコ店内で、カメラ機能が付いた携帯電話を同店アルバイト従業員の女性(26)のスカート下部に差し入れたとしている。

犯行前に、容疑者が携帯電話を録画モードにして店内をうろつく様子を見た別の従業員が、他の従業員と協力して監視していたところ、犯行を確認したという。
引用元 : 産経新聞 2018年8月25日 7時55分配信
※被疑者の氏名部分を修正しております。

これまでにも何度か取り上げているパチンコ店での盗撮事件です。パチンコ店での盗撮事情についてはこちらの事件を取り上げたときに触れている通りで、この事件でも不審な挙動を従業員によって発見されて現行犯逮捕に至っています。

録画モードにしていたら周りの人に画面を見られたときに不審に思われるだろうと考えてしまうところですが、これは何もスマホ等で直接盗撮しようと企てている場合に限りません。

最近はWi-Fiなどによってスマホへ映像を飛ばすことができるカメラも珍しくなく、カメラが捉えている映像をリアルタイムでモニタリングすることができるので盗撮するにあたっては重宝されています。

スカートの中がすぐ下着という女性ばかりではなく黒パンやスパッツ等で下着を見られないようにしていることも多いので、本格的な盗撮に及ぶ前にあらかじめスカートの中が下着なのかどうなのか確認したり、動画などの撮影中もアングル等を確認したりとモニタリング機能はリスク面でも効率面でも優れています。

しかし、それを映すモニターがスマホだとどうでしょうか。公共の場で隣の人のスマホ画面が目に入ることは決して珍しいことではないはずです。別に見る気が無かったとしても目に入ってしまうことはよくあります。

便利な反面、こうして盗撮が発覚する可能性もあります。この事件ではそうしたものではなく単に録画モードだったことを従業員が怪しんだものですが、ゴト行為などに目を光らせている従業員でなくとも目に入ったスマホ画面が録画モードだったら誰でも変には思うでしょう。

スマホを誰かに見られる可能性の考慮が欠けていたのでしょうか。記事の内容からは酌むべき事情が特に見られず盗撮事件としても平凡なものなので本記事1件目の事件のように反省や示談の状況などによっては不起訴、悪くしても罰金30万円までではないでしょうか。

ピックアップ記事

盗撮の後日逮捕の可能性 1

盗撮で後日逮捕されることはあるのか? 「盗撮は現行犯以外では逮捕されない」といったようなことを目にすることがありますが、少数派ではあるものの現行犯以外でも逮捕されているケースはあります。ただ、盗撮事件 ...

スマホで盗撮するのはなぜ危険なのか 2

スマホ盗撮はなぜ危ないと言えるか 先の記事では盗撮においてなぜスマホが多く使われるのかといった点について触れたので、今回はどういったところに危険性があると言えるのかについて見てまいります。 なお、先の ...

後日逮捕の要因あれこれ 3

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが… こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと ...

盗撮動画の販売からの後日逮捕 4

販売サイト界隈に衝撃が走る 約1年前になりますが、女子高生のスカート内を盗撮した動画を販売していたとして、それに係る盗撮を行ったことで逮捕されたという報道があり、販売サイト界隈、特に販売者の間で衝撃が ...

スマホによるスカート内盗撮 5

もはや盗撮の定番ツール スマホが普及してすでに久しく、以前まで主流だった折りたたみ式などの携帯電話は最近では珍しいものとなりました。過去の携帯電話にもカメラは付いていたので当時から携帯電話を用いた盗撮 ...

-ニュース考察

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2018 All Rights Reserved.