盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

逮捕される前に読む話

後日逮捕の要因あれこれ

更新日:

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが…

こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと思います。

個人的には「後日逮捕に怯えるくらいならやるな」「やるならせめてわかりにくい方法でやれ」「続けるならいつか捕まる前提で続けろ」と思っているので考えるだけ無駄だと感じていますが、今回の内容を見て何らかの参考になれば幸いです。

後日逮捕の要因あれこれ

要因といっても事件の内容はケースバイケースなのですべてを挙げることはできませんが、多くの事例で該当していると見られる要因としては以下のものがあります。

こういった点に注意

  1. 被害者または第三者が警察に通報した
  2. スマホで盗撮した
  3. 特定の都道府県内で盗撮した

これまでの記事で触れていることもありますが、なぜこれらに注意すべきなのかといった点を1つずつ見てまいります。

被害者または第三者が警察に通報した

これはほぼ絶対条件と言えます。当たり前ですが警察が知り得ないことには捜査が始まりませんので、被害者または第三者が通報するなどして警察が捜査の端緒を得ることが必要です。被害者または第三者が盗撮行為を知り得なければ通報する人が誰もいませんので必然的に警察が知ることもありません。

考えるだけ無駄と感じる最大の理由がこの部分なのですが、被害者または第三者が盗撮に気づいていたかどうか、もしくは警察に通報されて事件化しているかどうかといった点は盗撮した側から知ることができません。仮に心当たりがあって警察に問い合わせたところで、実際に事件化していてもしているとは言いませんし、事件化していなくてもしていないとは言いません。

逆に被害者または第三者に盗撮行為を気づかれたことがわかっている場合は通報されて捜査が始められていると思った方が良いでしょう。

盗撮くらいの通報を受けても警察は動かないとか、いきなり逮捕されることはないといったような希望的観測が弁護士のウェブサイトにも載っていたりしているのは信じがたいことですが、まったく甘い楽観視と言わざるを得ません。こちらで取り上げているニュース報道だけでも事例はありますしそれこそ掃いて捨てるほど事例があるのが現実です。

結局のところ、絶対条件ではあるもののこれに該当するかどうかハッキリしないことがほとんどなので、通報されて捜査が始められているかもしれないという前提に立つことが重要です。

スマホで盗撮した

スマホとして括っていますが、この点で重要なのは傍から見て盗撮しているのが一目瞭然な動作かどうかということです。スマホでなくともカメラなどの撮影機器をスカート内に差し向けていれば盗撮しているのはわかるので、そういったものも含めてということになります。

上述の通報によって捜査が始まったとして、防犯カメラの記録や第三者の目撃証言を確認するにあたって「そもそも盗撮していたのかどうか」という点は事件性の有無に関わってくる重要なことです。

例えば鞄や靴の中に巧妙に隠し入れられた小型カメラのレンズは防犯カメラでは捉えられないことが多いので、その動作を防犯カメラの記録で見ても盗撮していたのかどうかが判然としません。被害者や第三者がレンズを見たと言っても見間違いの可能性があるため、客観的に見て盗撮だと疑われる証拠が必要になります。

その一方でこちらの記事でも触れているようにスマホをスカート内に差し向ける動作は誰が見ても盗撮だとわかるので客観的な証拠となり得ます。自然な動作だと思っているのは盗撮している当人だけで、多くの後日逮捕事例でこういった点が証拠となり、逮捕状が発付されています。

特定の都道府県内で盗撮した

この点についてもすでに別の記事で触れていますが、スカート内など通常は着衣で覆われている部分にカメラ等の撮影機器を向けたり設置したりしただけで罪になる自治体とならない自治体があります。

前者では実際に撮影したかどうかは関係なく、後者では現に撮影した証拠も必要となります。当然ながら盗撮する側にとっては前者の方が厳しい規定で、後日逮捕の可能性という点でも大きな違いとなっています。

実際に撮影したかどうかは問われずにスカート内などにカメラを向けただけでアウトということは上述した防犯カメラの記録だけでアウトになる場合があるということです。

こうした厳しい規定のない自治体でもいずれ足並みを揃えていくものと見られますが、現時点で差があることは事実ですので「○○県 迷惑防止条例」などで検索して条文をチェックしておくことも必要です。

最後に

逆に言うとこれらがクリアできれば後日逮捕のリスクを下げられるとも言えますが、取り急ぎで対策が比較的容易なのは2つめの撮影機器に関する点でしょうか。「いずれ捕まる前提で」とは申しましたが、スマホでスカート内を直接盗撮する行為は捕まりたいという意思表示にしか思えません。

「盗撮程度の通報で動くほど警察は暇ではない」といったような耳当たりの良い話を見聞きしていると勘違いしがちですが、現実にそういった通報で何人も後日逮捕されていることを把握しておくべきと感じます。

-逮捕される前に読む話

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2017 All Rights Reserved.