盗撮などの性犯罪での逮捕やその前後に関する情報を配信してまいります。

盗撮で逮捕される日

ニュース考察

先週の盗撮事件ニュース(3月5日~3月11日)

更新日:

先週報道された盗撮に関するニュースに触れてまいります。

児童盗撮などの罪 教諭認める

勤務先の小学校でのべ30人を超える女子児童の裸を盗撮したなどとして、児童ポルノ禁止法違反の罪に問われている道南の江差町の小学校の教諭の裁判が5日から始まり、教諭は、起訴された内容を認めました。

道南の江差町の小学校の教諭(32歳)は、おととし4月から1年余りの間に、勤務先の小学校の保健室で、内科検診を受けていたのべ30人を超える女子児童の裸をペン型や腕時計型のカメラを使って盗撮し、記録媒体に記録していたなどとして、児童ポルノ禁止法違反の罪に問われています。

函館地方裁判所で始まった初公判で、教諭は「間違いありません」と述べて、起訴された内容を認めました。

このあと検察は、冒頭陳述で、「被告は、遅くとも7年ほど前から勤務先の小学校で女子児童の着替えを盗撮するなどしていた」と指摘しました。

次回の裁判は、来月4日に開かれます。
引用元 : NHK 2018年3月5日 17時52分配信
※被告人の氏名部分を修正しております。

先月の記事で取り上げていた事件の続報で初公判の内容に触れられています。しかし予定では初公判は先月21日となっていましたが、なぜ予定から2週間弱ほど過ぎた3月5日に延期されていたようです。

延期の理由については触れられていないのでたいした理由ではないのかもしれません。

前回の記事では公訴事実に係る一昨年4月からの盗撮行為と児童ポルノの製造について報道されていたところ、冒頭陳述で遅くとも約7年前からこれらの行為に手を染めていたことが指摘されています。

一昨年以前の分はおそらく証拠等も無くて裏付けも立件もできず被告人の供述によるものと思われますが、被告人の年齢から単純に7を引くと25歳、場合によってはそれより前からやっていたということになります。

ややもすると年齢的には新任時代からそうした行為に及んでいた可能性もあり、女子児童を盗撮するために小学校の先生を目指していたのではと言われてしまうのではないでしょうか。

ペン型や腕時計型のカモフラージュカメラを使用して盗撮するといった手口もおそらく初期からではなく、歴を積み上げていく中で巧妙化していったのではないかと思いますが、明らかに自らの立場を悪用し巧妙な方法で女子児童の盗撮に及んでいるのは重く見られるでしょう。


また、今回の公判では検察官の論告に至っていないようで次回の公判期日は来月4日とされています。公訴事実を認めていてそれほど内容が難しい事件にも思えませんが、それなりに審理を必要とする点があって初公判で結審しなかったのかもしれません。

それでもおそらく初犯と見られますのでいきなり実刑ということはないでしょうが、報道されている事件だけであれば懲役1年から1年6月ほどに執行猶予3年といったところでしょうか。

日進の塾経営者が女児盗撮 容疑で逮捕、DVDに複製

女子児童の姿を盗撮してDVDに複製したとして、愛知県警が、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、同県日進市で学習塾を経営する容疑者(47)を逮捕していたことが、関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、容疑者は今年1月から2月ごろの間に、県内の女子トイレにカメラを仕掛け、女子児童を盗撮したとされる。県警の調べに「自分で見るために撮った」などと容疑を認めているという。

インターネット上で児童ポルノ画像が販売されていた事件で、購入者の中に容疑者がいたことが判明。県警が自宅を家宅捜索したところ、容疑者が自ら撮影し、複製したとみられるDVD数枚が見つかった。本人が「盗撮していた」と認め、2月17日に逮捕した。

ほかにも複数人の女子児童を盗撮したとみられる画像も見つかっているといい、県警が関連を調べる。

容疑者が経営していた塾のホームページでは、容疑者は大手塾の講師を経て開業。少人数制の中学受験向けの指導を行っていた。塾関係者によると、今回の事件を保護者に説明し、塾をすでに閉鎖したという。
引用元 : 中日新聞 2018年3月7日 9時0分配信
※被疑者の氏名部分を修正しております。

こちらも盗撮により児童ポルノを製造したという事件です。トイレや更衣室での盗撮では被写体が児童だと児童ポルノ禁止法違反となり罪が重くなるケースがありますが、この事件も今回の記事の1件目と同様にたまたま児童が被写体だったというわけではなく最初から児童を狙っていたと見られる点で悪質と言えるでしょう。

盗撮したデータをDVDに複製した点も挙げられていますが、この事件の場合は「女子トイレにカメラを仕掛け、女子児童を盗撮」という段階で児童ポルノの製造は成立します。

被疑者の盗撮行為が疑われたことが捜査の端緒になったわけではなく、別で摘発していた児童ポルノの販売事件で被疑者が購入者リストに含まれていたことがきっかけだったようなのでDVDへの複製の件が強調されているのかもしれません。

捜査のきっかけを考えると、児童ポルノ絡みの事件で家宅捜索したらDVDが出てきたとなれば複製からの販売を疑われるのも無理はありません。

一方、DVD画質より良い高画質のデータがあってもDVDに焼いて視聴したいというニーズもまだ根強いようなので、販売目的ではなく単にDVDで視聴する目的で複製していたのかもしれません。

1か月近く前に逮捕していた事件を発表しておらず取材でわかったというのがやや気になりますが、この内容なら軽ければ罰金、捜査のきっかけとなった児童ポルノの購入所持や盗撮の手口などが悪質と見られれば公判請求されて執行猶予付きの懲役といったところでしょうか。

滑り台の下で少女を盗撮! 白髪頭と30代の男2人組 無言で追跡 北区

東京・北区で今月9日、公園の滑り台で遊んでいた小学生の女の子が、二人組の男から携帯電話で盗撮され、怖くなって公園を逃げ出したところ、しつこく追いかけられたとして警察に110番通報があった。

女の子が被害にあったのは、9日午後4時半ごろ、北区滝野川7丁目の公園内で滑り台で遊んでいたところ、見知らぬ二人の男から携帯電話のカメラを向けられ、無言で撮影された。男たちのようすに不安を感じた小学生は走って公園から逃げ出したが、二人はしつこく後をついてきたという。

不審な男二人のうち、ひとりは年齢50〜60歳くらい、身長160センチ前後、白髪頭でメガネをかけており、白いジャージの上着に黄土色のズボン姿で、二人目は年齢が30歳くらいと若く、身長160センチ前後、やはりメガネをかけていてオレンジ色のジャージを着て、ジーンズを履いていたという。

現場はJR埼京線「板橋駅」近くの住宅街にある児童公園で、警察がパトロールを強化している。
引用元 : ハザードラボ 2018年3月10日 16時20分配信

こちらはまだ検挙には至っていない(と思われる)、いわゆる不審者情報です。

小学生女児に対して無言で撮影し、公園から逃げてもしつこく後をついてきたというのはどこから見ても明らかな不審者で、この件に関する情報が警視庁からも出ていますが、この場合は何の罪の疑いで捜査することになるのでしょうか。

スカート内などを盗撮していたというのであれば迷惑防止条例違反の疑いになると思いますが、滑り台で遊んでいた小学生女児という状況からどうにかそうしたことがイメージできる程度で具体的な描写はされていません。

単に女の子の姿を撮影していただけであれば世間的には盗撮と言われても法的に処罰の対象となる盗撮ではなく、現場で押さえることもできていないので捜査するというよりは注意喚起のための不審者情報ということでしょうか。

不審者の男性2名は見た感じの年齢が離れているようでどういった関係性なのかも気になるところですが、東京都内とはいえ小学生の女の子の1人遊びには注意が必要です。

ピックアップ記事

盗撮の後日逮捕の可能性 1

盗撮で後日逮捕されることはあるのか? 「盗撮は現行犯以外では逮捕されない」といったようなことを目にすることがありますが、少数派ではあるものの現行犯以外でも逮捕されているケースはあります。ただ、盗撮事件 ...

スマホで盗撮するのはなぜ危険なのか 2

スマホ盗撮はなぜ危ないと言えるか 先の記事では盗撮においてなぜスマホが多く使われるのかといった点について触れたので、今回はどういったところに危険性があると言えるのかについて見てまいります。 なお、先の ...

後日逮捕の要因あれこれ 3

こんなことに怯えるだけ無駄だと感じますが… こちらの記事ではどういった盗撮のケースで後日逮捕され得るのかという点についてあまり深く触れませんでしたが、今回は後日逮捕の要因に関して改めて見てまいりたいと ...

盗撮動画の販売からの後日逮捕 4

販売サイト界隈に衝撃が走る 約1年前になりますが、女子高生のスカート内を盗撮した動画を販売していたとして、それに係る盗撮を行ったことで逮捕されたという報道があり、販売サイト界隈、特に販売者の間で衝撃が ...

スマホによるスカート内盗撮 5

もはや盗撮の定番ツール スマホが普及してすでに久しく、以前まで主流だった折りたたみ式などの携帯電話は最近では珍しいものとなりました。過去の携帯電話にもカメラは付いていたので当時から携帯電話を用いた盗撮 ...

-ニュース考察

Copyright© 盗撮で逮捕される日 , 2018 All Rights Reserved.